煙台に行ったぞ 2日目


スポンサードリンク

新年です。

昨日は、中国のテレビを観ながら一緒にカウントダウンをし、さして想いを馳せることなく2019年に突入です。

朝、6時過ぎに一度目が覚め、ホテルの窓から景色を眺めました。

真っ暗です。

 

8時過ぎ、2度寝です。

外を見ました。なんと、雪が降っていました。

テンション上がりました。雪だぁーと叫び、出かける準備をし、外に出て、散歩です。

 

f:id:rinpachi:20190122235626j:plain

ホテルのすぐ近くに、食べ物屋さんがあったので、そこで窓際に座り、朝ごはん。

アンパンみたいなものと、豆乳にナツメなのかな。絵がそうであるらしかったです。少し甘い飲み物で、2つで、9元です。パンの方が安くて、4元。ドリンクが5元。

f:id:rinpachi:20190122235701j:plain

 

雪は、どんどん降ります。

中国の方は、傘をさしません。さしているのは、私だけ。見た目は、大差ないですが、ちょっとしたことで、外国人だとすぐわかるなと思いながら、傘をさします。

 

f:id:rinpachi:20190122235931j:plain
f:id:rinpachi:20190122235946j:plain

 

今日は、どうしようかな。

とりあえず、地図をみながら、煙台の駅とバスターミナルの場所の確認に向かいました。

煙台の駅は、近くにありました。とても立派です。

 

f:id:rinpachi:20190122235755j:plain

煙台の電車の駅です

そうそう、レンタサイクルが結構ありました。借り方は、不明ですが…

 

もう少し行くと、バスターミナルがありました。私の勝手なイメージですが、もっとバスターミナルなのかと思いきや、想像よりもこじんまりしていました。

 

f:id:rinpachi:20190122235854j:plain

バスターミナル

 

 

がしかし、マックの隣の入り口から入ると、中は想像するバスターミナルが広がっています。

明後日に、蓬莱に行く予定なので、なんとなく観察です。蓬莱行きは、出発時間のところが、流水とありました。

わからん。

ということで、今心配しても始まらないので、外にでて、その辺のバスに乗ってみることにします。

雪も結構降り続いています。

そろそろ、やんでくれてもいいなぁと思うお昼頃。

なんと、2時間で、雪満喫気分。根性ありません。

1番わかりやすいバス、煙台山まで行くことにしました。

なんせ煙台山行きですから。この雪の中、山に行って景色なんて見えるのだろうかとも思いましたが、ほかに行くところもなかったので、ゴーです。

バスの運賃、1元。

f:id:rinpachi:20190123000038j:plain

 

着きました。

結構、人がいました。

そして、面白かった。雪は、強く降ったり、チラチラ降ったりを繰り返していましたが、見晴らしは、なかなかよく、煙台の街並みが見られて楽しかったです。

展望台、10元。

f:id:rinpachi:20190123000055j:plain

灯台

f:id:rinpachi:20190123000423j:plain

その後、散歩しながら戻ります。

地図をみてもあまり遠くないなと思っていましたが、展望台に登って確信。

f:id:rinpachi:20190123000237j:plain

途中、食べ物屋さんに入ります。

料理名は、忘れてしまいましたが、豆腐料理、3元。

とことこ歩き、麺屋さんへ。

担々麺15元。

f:id:rinpachi:20190123000533j:plain

中国の方は、麺は少し伸び気味が好みなのかな。まずいとかではないけれど、やはり独特の風味と食感。

大豆の揚げたものとピーナッツがトッピングされていました。

 

スーパーに寄ります。

なんと、チャーハンが7.5元!激安です。

それに比べると、パンは少し高めです。

相変わらず雪は、強度を変えながら降り続いてます。

 

1日目は、まだ15時くらいで早いですが、疲れたのでホテルに帰ります。

16時くらいには、雪が止んで、夕日が出ました。

受ける印象が、日本とは少し違います。まん丸です。少し距離が違うだけで、なんとなく変わるものなんですね。