煙台に行ったぞ 6日目 蓬莱


スポンサードリンク

本日、日本に帰ります。

昨日、管理人さんには、チェックアウト時間を伝えていました。

そうでもしないと、管理人さんは、いらっちゃいませんから。

手紙を書いて、管理人室に貼り付けていたんです。

すると、夜になってから管理人さんがやってきて、何時にここをでるのかと聞いてきました。

ちょっと待って。といって、管理人室に貼り付けていた手紙を取りに行き、管理人さんにお渡ししました。管理人さんは、それを見て納得した模様。意思疎通はできたようです。

そこには、7時半から8時くらいに出ることを書いていました。

そして、私は、7時半少しすぎにドアを開けました。なんと、掃除道具がすでに準備され、管理人さん、スタンバイです。どおりで外が、なんとなくにぎやかな気がしました。いいんだけど、よくない。

管理人さんから80元を受け取り、やはりそうだったのかと納得。

さよなら。らしき言葉をかけられ、無事チェックアウトです。

f:id:rinpachi:20190123210626j:plain

朝の蓬莱

これまた、前日に、迷って飛行機乗り遅れたら大変だと思い、バスの確認をしていました。

どっち方面のバスに乗っていいのかさえ、はっきりわからなかったからです。

よって、バス待ちをしている人に伺います。

そこで、近くにいるお兄さんに、次の駅はここですかと聞きました。次の駅がわかれば、バスが行く方向に確信がもてるからです。かつ、バスターミナルに行ったときに、バスターミナルのバス停名も確認していたので、確実に方向を把握しておけば、ばっちりです。

お兄さんは、私が言ったことの意味が、よくわからなかったみたいだったので、私が、バスターミナルに行きたいんだと言いました。

すると、そうだよと。うなずきます。4番バスと、7番バスが行くんだね。と再度確認。お兄さんは、そうだよと。うなずきます。ありがとうといって、私は歩きだしました。

少し歩いたところで、お兄さんに肩をたたかれます。お兄さんは、軽く息をはずませ、どこに行くのかといった様子で、私に聞きます。どうやらお兄さんは、私が、今、バスターミナルに行くんだと思ったらしく、来た道を走って戻り、今まさに出発するぞといったバスを止めてくれました。しかし、今は行かない!

急いでお兄さんを追いかけ、ノーノーノーと叫びます。お兄さんは、???といった顔です。ごめんね。ありがとうと言いながら、お兄さんの携帯登場です。

お兄さん:バスターミナルは近いから、今すぐ行けるよ。

私:明日、乗るんだ。(近いといってもお兄さん。歩いて1時間ですよ・・・近いか?なんて思いながら)

お兄さん:?

私:明日、帰るの。

お兄さん:明日、飛行機に乗るの?

私:そうそうそう。

お兄さん:今日は、どうするの?

私:ホテルを予約してるから大丈夫。

お兄さんは、微笑みながら納得し、そうか。といいながら、別れました。

お兄さん。いい人!!

となんだかんだと、お兄さんのおかげで、無事バスで蓬莱のバスターミナル到着です。

f:id:rinpachi:20190123221701j:plain

蓬莱から烟台蓬莱国際空港までの道のり バスより

次に、烟台蓬莱国際空港までのバスに乗り込み、これまた無事に到着。

主要時間約40分 25元。

かすかな希望を胸に、余裕を持ってきましたが、予想通り希望かなわず。

遅れるよりは、もちろんいいので、オーケーということで、3時間前から搭乗手続き始まってくれればと願っていましたが、なんと、一般的と思っていた2時間前さえかなわず、1時間30分前でした。

荷物検査は厳しく、モバイルバッテリーの提示を求められました。初めてです。

知らなかったのですが、モバイルバッテリーの容量は、空港によって決まっているそうです。お気をつけを!

f:id:rinpachi:20190123221722j:plain

烟台蓬莱国際空港

3時間ほど飛行機に乗り、これまたまた無事に富士静岡空港に到着です。

そして、約1時間かけて静岡駅へ、約3時間半かけて新宿へ。新宿から電車に揺られ家まで。

今日一日ずっと乗り物に乗っていました。

最終日が、一番疲れた。

また行くことは、考えられない・・・かなぁなんて・・・今後何があるかはわかりませんが。

 

とにかく、よい旅でした!!