台湾 北投に行ったぞ 1日目 後半


スポンサードリンク

淡水に到着です。

なんと。雨です。小雨です。

雨が落ち着くまで、お茶でもしながら待って居ようかと思います。

長いできるところは・・・マックですね。

慣れ親しんだマックで、セットを頼み、本を読みながら雨がやむのを待ちます。

すると、隣に座っていたおじさんが、声をかけてきました。

どっから来たのかと、英語で話しかけられました。

日本だというと、いきなりおじさんが、流暢な日本語で話しかけてきました。

おじさんの日本語の発音は、本当に上手で、日本人かと思うくらい。

おじさんは、若いころに日本に7年間いたんだといっていました。三茶に住んでたんだよ。って、もう30年くらい前の話だと思うんですが、よく忘れずにきれいな日本語を話せるものだと、おじさんに刺激をもらいました。

そうだ!

おじさんに、烟台に行った時の筆談を見せ、訳してもらいました。

私の理解と答え合わせです。

なんと、というか、だいたい合っていました。複雑なセンテンスではないから・・・ですね。

蓬莱の管理人さんの「今日は、予定ないから出かけてくるね」朝8時。

やはり思う、オイオイオイ

 

おじさんに、中国語(北京語)は勉強しているのかと、私が読んでいた本を指さし聞かれました。苦笑いして頭をかくしかない。 

私はてっきり日本語の本を見て、私が外国人、日本人だと分かったのだと思っていたんですが・・・ちょっと違ったのでしょうか??

おじさんと30分くらい雑談をし、おじさんは帰っていきました。

 

と、思ったら。

少ししてからおじさん再登場です。

どうしたの?と思ったのも束の間、おじさんは、わざわざ私のためにソフトクリームを買ってきてくれました!!

驚いた。

そして、今度こそおじさんとは、お別れとなりました。

奢ってもらっちゃった。

 

おじさんと別れた後、私も間もなくマックを後にしました。

天気はイマイチですが、雨はやんでいます。

淡水老街を歩き、海沿いを歩きます。

f:id:rinpachi:20190125213013j:plain
f:id:rinpachi:20190125222712j:plain
f:id:rinpachi:20190125213040j:plain
f:id:rinpachi:20190125222757j:plain
f:id:rinpachi:20190125222741j:plain

その辺にいた男の子と海に魚が泳いでるぞ。と、会話しながら写真を撮らせてもらいます。はじめは嫌がってたけど、最後は笑顔で応じてくれました。ちびっこの態度は、日本とあまり変わらないですね。

最後は、さよならのあいさつもなく、別れてしましました。そんな感傷に浸るのは、大人だけです・・・私だけ・・・じゃないよね。

 

そのまま、海沿いを歩いていきます。天気の回復、見込みなし。

サイクリングロードになっているみたいです。

そこを歩いて、とりあえず隣の駅、紅樹林まで。

f:id:rinpachi:20190125224103j:plain
f:id:rinpachi:20190125224128j:plain
f:id:rinpachi:20190125224152j:plain
淡水~紅樹林


 高層ビルが見えてくると、手前に森?が現れます。

何の木でしょう。

途中、その森の中を歩くことのできる遊歩道があります。

ボーっとしていると見過ごしてしまうくらいの幅、1メートルくらいの入り口(出口)です。

たまたま私が通った時、私とは反対経路から来た人が出てきたので、気付きました。

散歩する機会があれば、ぜひともそこを通ってほしい!

f:id:rinpachi:20190125224809j:plain

これ

だいぶわかりずらいですが・・・

 

 

まだ、余力があったので、さらに次の駅、竹圍へ。

野良犬が結構いました。多分。

ご飯をもらいに寄ってきます。大型犬より一回り小さいくらいのワンコです。なかなか迫力があります。ワンコは、人になれていますので怒ったりしませんが、怖がるといい結果になりません。お互いのために、どうどうとしている方がいいでしょう。

 

時計は、15時すぎです。足も疲れたので、そろそろホテルに戻ります。

電車でGOです。

ホテルにこもるには、まだ、早い時間ですが、疲れてしましました。

パンを買って、チェックインして、とっととシャワーを浴びて、パン食べて、ゴロンゴロン・・・していたら、いつのまにか寝てしましました。一度、23時ごろ目を開けましたが、またつむる。朝、8時まで爆睡です。

お疲れ様です。