台湾 北投に行ったぞ 2日目 


スポンサードリンク

寝すぎてしましました。

ホテルで朝ごはんのパンとコーヒーをきただき、ホテルにあったポストカードを購入。そこで、ペンを借り、友達に手紙を書きます。

新北投駅へ向かうところに郵便局があったので、出してみようと思ったんです。

そろそろ、出発です。

今日は、陽明山にハイキングに行きます。

 

ホテルを出て、まず郵便局です。

日曜日でした。

お休みです

淡々と描きましたが、ショックです。

 

すごすごと手にしていたポストカードをリュックにしまいます。

明日、改めてだな。

 

北投の地図をグーグルでみていて、陽明山まで歩いて行けるのではないかと思いました。

きっと、昨日間違った道をまっすぐ行けばいけるはず!

なんて思いながら、進みます。

結果、間違っていました。

残念。

f:id:rinpachi:20190125225316j:plain
f:id:rinpachi:20190125234223j:plain
間違っていた道で、じゃれていたワンコ

私の中では、道は続くはずでした。

誰かん家に到着です。

そこにいたおじさんに、陽明山までどうやっていくのか尋ねます。

ふむ。

結果は、自分を信じて道を変更です。

というのも、おじさんが教えてくれた道は、山の峰を歩いていくんだと思うんですが、私には、難易度が高すぎました。

道案内もないなか、山道を一人で歩いていくのはあまりにも危険すぎる。

北投から陽明山までは、バスがでているはずです。

ということは、バスが走る道路があるはずです。私は、そこから陽明山を目指したい。

昨日同様、地熱谷の方に向かいます。

すると、陽明山はこちらという看板を発見。これこれ。これで一安心です。

途中、硫黄谷発見。順調です。

f:id:rinpachi:20190126173049j:plain

硫黄谷

このまま道なりにまっすぐ進みます。ところどころにバス停があるので、陽明山行きがあることを確認していきます。親切に、陽明山こちらという看板はありません。進んでいくと、十字路に出ます。まっすぐ進むと、間違っています。龍鳳谷は、進行方向に右になくてはなりません。左にあれば間違いです。私は、ある程度間違った道を進み、なんだか間違っているっポイと思い、バス停で確認。やっぱりなんか間違っている。

また十字路に戻り、当初来た進行方向、左の道を進みます。バス停に陽明山の文字が出てきました。たぶん合ってる。

ここからひたすら歩きます。まだ、スタート地点にも立っていません。陽明山どれよ。と思いながら。歩いている人がたまにいるとほっとし。かれこれ2時間。やっと着きました。富士山で言うと5合目。スタート地点です。

人がたくさんいたので、その人たちの後にくっついていきます。

ありました。陽明公園。思っていたのとは、全く違う。調べていったわけではないので、私の勝手なイメージです。台北の街並みが一望・・・と思いきや。ひらけている場所がない。梅は咲いてました。

f:id:rinpachi:20190126173120j:plain

陽明公園の梅

1月に咲くみたいです。

 

f:id:rinpachi:20190126180056j:plain

陽明山 見取り図

 ここで、ハイキングは終わりにしてもいいのかなとも思いましたが、頂上ではない。

ちょっと意地になってます。

台北を一望したいし、これぞ頂上があるならいってみたい!

ということで、今度は、陽明書屋を目指します。

雨がちらほらと降ってきました。

陽明書屋についたとき、天気は悪天候

もう少し進もうかとも思いましたが、どうやら、頂上らしきものはないのではないかと勝手に結論付け、やめてしまいました。

さっきまでの意気込み、あっさり手放す。

下ります。

陽明公園まで戻ります。

f:id:rinpachi:20190126184255j:plain

 その途中、こういったところがあります。陽明公園のすぐ近く。

ここを登って進むと滝がありました。

そして、ここを登ると、ありました。

f:id:rinpachi:20190126184441j:plain

台北

もうちょっと天気がいいとよかったのですが、そして、もう少し一望できるのかと思っていましたが、今日は、よしとします。

すでに、股関節痛いです。少し休憩。

股関節、よくなりました。

陽明公園付近に、焼き芋が売っていて、手軽に食べ歩きできるのでいいです。日本よりはねっとりしていますが、烟台よりはホクホク感を残している感じ。焼き芋一本を、半分に切ってくれて、そこにスプーンを付けてくれます。

陽明山スタート地点まで戻り、陽明山噴水池まで行きます。そこには、公共の温泉があります。そこに入浴してから北投に戻ろうと思いました。今日は、ハイキングの後、そのまま北投の公共の温泉に行く予定だったので、入る準備はできています。

がしかし、温泉は、いつでも入れるわけではなく、時間が決まっていました。

私が行ったときは、あと40分ほど待たなくてはなりません。

帰りは、バスに乗ることにしていました。バスの時間を確認です。

バスの方が、待ち時間が短いです。山の上、風が強くなってきました。寒さもあって、やはり北投に戻ることにします。

f:id:rinpachi:20190126185859j:plain
f:id:rinpachi:20190126185948j:plain
f:id:rinpachi:20190126185926j:plain
f:id:rinpachi:20190126190009j:plain
公共温泉で可愛がられているであろう猫

人懐っこいです。

可愛い。

にゃんこの耳は、かけています。日本と同様、避妊手術の印なのでしょうか?

 猫と遊んでいたら、バスの来る時間です。

バス停で待っていました。

バス来ない。

10分待ったかくらいでしょうか。来ました。

約20分。15元。日本円にしたら約50円・・・思うこと、そりゃあります。関節を、優しく撫でます。

バス停の案内は、北投公園に止まるような感じでしたが、止まらなかったなぁ。

結局、淡水線の北投駅まで行ってしましました。降りるタイミングを逃しました。

f:id:rinpachi:20190126190755j:plain

素麺

駅の近くのお店によって、腹ごしらえをしてから温泉です。
公共温泉、40元。

入るときに、係の人による水着チェックありです。

みせろ。みせろ。と言われます。このとき、英語。

私が、何を?と思っていたら、

日本語で、水着見せてください。と言われました。

はい。

水着チェックを無事通過し、準備です。ロッカーは、男女共有です。温泉から見えるところにズラッとあります。着替えるところは、共同ですが、個室になっているシャワー室です。

一人だと、ロッカーに荷物を預けて着替えに行ってと、なかなか気を使いました。シャワー室に荷物をもっていっても、置いておくところがありません。ロッカーも無料ではありません。10元か20元くらいでした。小銭必須です。

靴を脱ぐ所もしっかり管理されているわけではありません。

気にされる方は、止めておいたほうが賢明です。入浴も、体を洗ってから入るわけではありません。

日帰り温泉の金額は、ちょっとわかりませんが、温泉自体を楽しみたいという方は、公共の温泉でない方が、気兼ねなく楽しめると思います!

 

ホテルへの帰り道。またもパンを買って、タピオカミルクティーを買って…先ほどの麺はおやつか。

まぁ。今日もたくさん歩いたので大丈夫!ということにしておきます。

昨日同様、シャワーを浴びて、パンを頬張り、ゴロゴロしながら寝てしまいました。

おやすみなさい。