大邱・釜山に行くことを予定していたぞ 水曜日後半


スポンサードリンク

チェジュ航空の職員さんが、動きました。

韓国語で、何か言っています。

他の言語での説明は、ありません。

韓国の方たちが、二手に別れました。


韓国語がわからない方は、職員さんが個別に説明しにきてくれるか、自ら聞きにいくかです。

私は、すぐそこに職員さんがいたため、伺います。

どうなってますか?

他社の便に乗る方と、そうでない方で、別れています。


ここでその決断ができない時は、どうしたらいいですか?

一度ホテルに行ってから、時間と値段とを確認して、許容範囲なのかどうかを検討したい。結論は、それから出したい。


職員さんは、一定の理解を示してくれます。

と言いますか、正直、職員さん自身もどう対応していいか、はっきりわかっていません。

わかっていることは、誰も、確かなことがわからないということだけです。


その後の細々したやり取りは割愛し、とにかくメールで連絡をくれることになりました。


私たちが、そんな話をしている最中、成田空港で働く職員さんが、見兼ねてチェジュ航空の職員さんに言います。

ここで、そんなことされても困るよ。説明するなら、外でやってよ。

ここも閉めないとだめだから。



それから数分後、移動です。

チェジュ航空のカウンターに向かいます。

そこでも韓国語オンリーなので、わからない人は、ボーっと見守るだけ。

ひと通り説明が終わったあと、個別で説明をしに来てくれます。

そこで、女の子2人と一緒に説明を受けました。が、女の子2人は、母国語が日本語ではありません。

なので、説明を受けた後、再度私から噛み砕いて説明をします。

そして、今現在の大邱までの片道がいくらなのかを調べ、保証金は出るけど、最終的には、6千円くらいが実費になる。かつ、今は全額立て替えないといけないことを伝えます。


結局、この時点で決断を迫られました。

他社の便にする方はこのまま残って、しない方はホテルへ。


私は、この時点でほぼ決めていました。

もう、20時30分発でいい。


ホテルに行こうかと思っていたら、先ほどの女の子たちに、話しかけられました。

お姉さんは、どうしますか?と。

20時30分の便にする。と答えます。

すると2人も、

そうですね。そうします。

その後、ホテルに行くバスに乗るため徒歩で、バス停に向かいます。

そこで女の子たちと世間話をしていて、23時に大邱に着いたあと、どうする?という話になりました。

2人には友達がいて、迎えに来てくれるらしいです…

図々しいのは、百も承知です。

私を東大邱まで、連れて行って下さい!

女の子は、快諾してくれました。

ありがとう。ありがとう。と、私は、女の子の手を取る勢い。

(女の子たちは、手に荷物を持っているので、実際には無理です)

夜中に1人でタクシーに乗らないで済んだぁ。なんだかんだといったって、怖いものは怖い。

さっきは、誰かに便乗して…なんて思ってたけど、日本人があまりにも少な過ぎて、その可能性は、ほぼゼロの単なる妄想だったぁー


ホテルについて、チェジュ航空が手配してくれた夜ご飯を23時過ぎ、多分、24時近くに食べ。それぞれ部屋に戻ります。


すると、メールが届いていました。

チェジュ航空からです。

ちゃんとメールをくれたことに、まず驚きました。

そしてメール内容は、先程の説明とはだいぶ違っていて、11時55分発14時過ぎ着のエアプサンに振替可能です。

手配は、チェジュ航空が行います。チケット代も、チェジュ航空が支払います。

ご希望の方は、ホテルロビーまでお越しください。


メールを見て、すぐにロビーに行き確認します。

その後、先程の女の子たちに連絡です。

番号を交換しておいて良かった。


無事、お昼の便に乗れることになりました。


この時すでに、夜中の1時すぎ。

早くお風呂に入って、寝ないといけません。

明日は、9時にロビーに集合です。

と、その前に、朝ごはんを食べないとね。これもチェジュ航空が手配してくれました。


やっと、終わった。

おやすみなさい。午前2時。