大邱・釜山に行ったぞ 1日目 前半


スポンサードリンク

おはようございます。

 

7時半ごろ、朝ごはんを食べに1階へ行きます。

その後、部屋でゴロゴロして、

9時5分前にロビーに向かいました。

昨夜のたった数時間で、すでにおなじみ、チェジュ航空の面々と朝のご挨拶です。

ソファーに座って待っていると、携帯が鳴りました。

女の子たちからです。

 

女の子:おはようございます。

             ちゃんと起きてますか?

笑顔になってしまいました。

私:はい。ちゃんと起きてます。

      今、ロビーだよ。

女の子:あっ。はい。すぐ行きますね。

私:うん。待ってるね。

 

なんて、人懐っこい。

なんて可愛らしいんですか!

私の知る限り、日本人で、出会ってすぐにこんな行動を取れる方というのは、まれなんじゃないかなぁと思います。

見習わないといけません!

なぜ?と思う方もいらっしゃるとは思いますが、人に好かれるということは、生きていく中で、重要な要素だと私は考えます。

余計な垣根やプライドは、いりません。

気を使いすぎ、考えすぎもよくありません。

 

だからといって、八方美人ではダメです。媚を売るのもイマイチです。何事もバランスが大切ですね。

 

9時になり、ホテルから空港まで送迎バスで向かいます。

 

無事に、エアプサンのチェックインを済ませ、今度こそ大邱に向けて出発です!

このとき、チェジュ航空より、必要な方は欠航証明書をいただけます。

ゴールドカード以上のカードをお持ちの方は、ご確認を!

 付帯している保険に保証が付いているかもしれません!!

保険金が出るかもしれませんからね。

 

搭乗口では、チェジュ航空の職員さんの見送りを受け、軽くお辞儀をして、別れました。

f:id:rinpachi:20190319222226j:plain
f:id:rinpachi:20190319222244j:plain
成田空港

 

f:id:rinpachi:20190319222301j:plain
f:id:rinpachi:20190319222357j:plain
f:id:rinpachi:20190319222420j:plain
エアプサンより

今回、はじめてこんな体験をしましたが、皆んなそれぞれが大変でした。

私みたいに、観光だったら時間が無駄になってしまったと言うだけ済みますが、大邱に帰って、本来なら今日から仕事の方もいたでしょう。家庭の事情で、急いでる方もいたでしょう。そういった諸々は、表面的にはわからないし、言葉の壁もあって、わかりようもなかったのですが…。

他方、チェジュ航空の方も、とても大変だっただろうと思います。

夜も深夜を過ぎ、朝方近くまで対応に迫られていたことと思います。多分寝られたのは、ほんの2時間くらいだったのではないでしょうか。

仕事でしょ。と言ってしまえば、それまでなのですが。乗客のイライラを全て受け止め、大邱までの飛行に、全責任を持たなくてはならない。

精神的にも金銭的にも、飛行機が飛ばないという事は、一大事であり、とても大変な事なのだと、学ばせていただきました。

 

…もちろん、保険があるんですよね!?